第158夜 「FLEE フリー」ヨナス・ポヘール・ラスムセン監督

 アニメーションと言うと、日本ではどうしてもオタク文化やクールジャパンなど「かわいい」とか「かっこいい」といったイメージで捉えられがちだけど、世界には実にさまざまなジャンルの多彩な作品がある。戦争や迫害といった実写ではなかなか表現しにくい題材をアニメーションで描写するのは一つの創造的な手法だし、これまでもイスラエル映画の「戦場でワルツを」(2008年、アリ・フォルマン監督)や、フランス、スペイン、ベルギー合作「ジュゼップ 戦場の画家」(2020年、オーレル監督)、日本でも北朝鮮の強制収容所の実態を描いた「トゥルーノース」(2020年、清水ハン栄治監督)といった社会派アニメーションが世界の舞台で話題を呼んできた。

 今年2022年のアカデミー賞で、国際長編映画賞に加え、長編ドキュメンタリー賞、長編アニメーション賞の3部門でノミネートされた「FLEE フリー」も、そんな意欲的なアニメーション映画だ。受賞には至らなかったものの、この3部門の同時ノミネートはアカデミー賞史上初めてのことだそうで、ドキュメンタリーとアニメーション両方の側面で高い評価を受けたことがうかがえる。

 映画は、現在デンマークに暮らすアフガニスタン移民のアミン(仮名)が、親友でもあるヨナス・ポヘール・ラスムセン監督の取材に応じるところから始まる。インタビューを中心に据えたドキュメンタリーというのはよくあるパターンだが、そのやり取りさえもアニメーションにしているから驚く。音声は実際のインタビューをそのまま用いているそうで、相当手が込んでいるが、どうしてそこまでしてアニメーションに固執したのか。その謎が映画の進行とともに徐々に明らかになってくるというのが、この作品の肝だろう。

 アミンが話す体験談は想像を絶するものだった。激しい内戦を経てタリバンが台頭してくるアフガニスタンで育ったアミンは、父親が当局に連行されたまま戻ってこず、残された家族で国外脱出を試みる。命からがらようやくロシアにたどり着いたものの、そこでは腐敗が横行し、難民を人とも思わないようなひどい社会が待っていた。何とかブローカーを通じて貨物船に潜り込み、北欧への渡航を目指すが、船内はぎゅうぎゅう詰めで人間扱いされない上に、上陸を目前に追い返されてしまう。しかもアミンは自分がゲイであることに芽生え、誰にも打ち明けられぬまま過酷な毎日に向き合わなくてはならない。ちなみにタイトルの「FLEE」とは、英語で「逃げる、避難する」という意味だ。

 アミンが語るそんな苦難の道のりが、ところどころニュース映像を挟みながら、アニメーションで展開される。大半はリアルなカラー画面ながら、あまりにも過酷で恐怖がよみがえってくるような場面は、モノクロの濃淡だけの輪郭もぼやけた抽象的な絵になる。芸術的にも凝っていて、なるほどアカデミー賞のノミネートだけでなく、アニメーション映画祭では世界最高峰とされるフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭で最高賞のクリスタル賞を受賞しただけのことはある。まさにアニメーション表現の可能性をぐっと広げた意欲作と言えるだろう。

 それにしても、アニメーションという手法でしか描くことのできなかったアミンの半生は筆舌に尽くしがたい。彼が経験したことは、アフガニスタンだけでなく、その後のシリアやミャンマー、さらに現在のウクライナに至るまで、世界のさまざまな戦争や紛争の犠牲者が味わってきた苦難であり、彼らに対する冷淡で非人道的な扱いは今も何ら変わってはいない。実写では伝えきれない現実をこのようにアニメーションという形で生々しく見せるというのは非常に価値のあることで、映画の持つ表現力の多様さ、影響力の強さを改めて感じた。(藤井克郎)

 2022年6月10日(金)、新宿バルト9など全国で公開。

© Final Cut for Real ApS, Sun Creature Studio, Vivement Lundi!, Mostfilm, Mer Film ARTE France, Copenhagen Film Fund, Ryot Films, Vice Studios, VPRO 2021 All rights reserved

デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フランス合作映画「FLEE フリー」から。インタビューを受けたアミン(仮名)は、自分の過酷な経験をぽつりぽつり話し始める © Final Cut for Real ApS, Sun Creature Studio, Vivement Lundi!, Mostfilm, Mer Film ARTE France, Copenhagen Film Fund, Ryot Films, Vice Studios, VPRO 2021 All rights reserved

デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フランス合作映画「FLEE フリー」から。アミン(仮名)の過酷な経験がアニメーションでつづられる © Final Cut for Real ApS, Sun Creature Studio, Vivement Lundi!, Mostfilm, Mer Film ARTE France, Copenhagen Film Fund, Ryot Films, Vice Studios, VPRO 2021 All rights reserved